コスパーが良いおすすの脱毛器は?


脱毛器は単純に本体価格だけで判断されますが、
使い続けるとカートリッジを交換しなくてはいけないため、
その価格も考慮しなくてはいけません。

よく本体価格が安いという理由で、脱毛器を購入する方がいますが、
実際に使ってみると、カートリッジの寿命が短く
すぐにカートリッジを交換しなければいけいないケースがあります。
そして結果的に高く付いてしまうのです。

ですから、コスパーの良い脱毛器を購入したい場合、
カートリッジの価格を重要視する事が大切なのです。

そこで以下のカートリッジの1ショット価格をご覧下さい。
●ケノン:0.0185円(本体価格73,800円)
●ラヴィ:0.21円(本体価格49,000円)
●エピナード:2.3円~4円(本体価格86,800円)
●センスエピ:7.5円(本体価格39,800円)

ご覧の通り本体価格が高ければカートリッジの1ショット価格は安く、
本体が安ければ、カートリッジの1ショット価格は高くなります。

ですから、本体価格が安い脱毛器は、いうなれば初期費用が安いだけで、
最終的には本体価格の高い脱毛器と変わらないコストが必要になるのです。

最も言えば、長く使うものですので、
カートリッジの1ショットコストが安いほうが、
コスパーが良くなるとも言えます。

それではどの脱毛器のコスパーが良いのかというと、
ケノンが最も良いでしょう。

何故なら、カートリッジの1ショットコストが安いと言う事もありますが、
脱毛力が高いので、脱毛回数が少なくて済むから、
長く使い続けられるのです。

人それぞれ脱毛回数や何処まで脱毛するか違いますが
ケノンはカートリッジの交換なく、
全身脱毛を13回以上してもカートリッジの交換は必要ありません。

他の脱毛器なら全身脱毛する場合、特に毛の量が多い方は何回かカートリッジする必要があります。

本体価格が安いものは性能が劣る

本体価格が安い脱毛器は、コスパーが悪い上、脱毛器の性能が悪いので
上手く脱毛できないという欠点もあります。
つまり、脱毛力が弱いのです。
これに例外はありません。

コストパフォーマンスが良いというのは、あくまでも同じような性能で、
コストが安く済むことが前提です。

しかし、残念ながら、本体価格が安いものは性能が劣り、綺麗に脱毛できることはありません。
例えば、脱毛力がないので、一時的に毛が生えなくなってもすぐに元に戻ったり、
照射範囲が狭く、綺麗に全身脱毛出来なかったり、
色々な不満が出てきます。

当サイトで何度も言っていますが、脱毛するためにはある程度お金がかかります。
最も安くまともに脱毛できるケノンですら、7万円は必要です。
脱毛サロンやクリニックならその何倍もかかります。

もしお金がないなら脱毛はとりあえず諦める必要がありますし、
安い脱毛は何か裏があると思って下さい。


ケノン

ケノンのカートリッジは約200,000発使えるので、 長い期間カートリッジを交換しなくても使う事が出来ます。 他の脱毛器に比べ本体価格が高いので、高いと思われますが、 実際にはそんなことありません。脱毛器は高い買い物ですので、すぐに使えなくなるものを使うと結果的に高くなります。 また、本体価格が高くて購入できないと言う方にも月々3,300円の24回払いが可能ですので、 そうしたサービスを利用すると良いでしょう。

価格 電気 種類
73,800円 コンセント式 フラッシュ 静か
用途 出力レベル 照射面積 1ショットコスト
全身向き 10段階 9.25m 0.0185円
痛み 脱毛力 保証期間 お支払い
少ない 高い 1年間 最大24回分割

次のページビキニラインの脱毛

関連ページ一覧

ケノン
最も人気の家庭用脱毛器
第2位 トリア
一番おすすめのレーザー脱毛器

第3位 センスエピ
軽くて使いやすい