家庭用脱毛器のサイトTOP家庭用脱毛器の基礎知識>「家庭用脱毛器」と「脱毛エステサロン」どちらが良いのか

「家庭用脱毛器」と「脱毛エステサロン」どちらが良いのか?

「家庭用脱毛器」と「脱毛エステ」どちらが良いのか脱毛エステサロン(以下エステ)に行こうか、家庭用脱毛器を購入して脱毛しようか、
迷っている方も多いと思います。
脱毛魔女は、家庭用脱毛器を購入した方が良いという意見ですが、人によって異なるので、まずはそれぞれのメリットとデメリットを理解して下さい。

家庭用脱毛器と脱毛エステの特徴を理解する

家庭用脱毛器と脱毛エステの違いをわかりやすく言えば、
自分で脱毛するか、他人に脱毛してもらうかだけです。
脱毛に関していうと、特別なスキルや知識は必要なく、
誰が脱毛しても結果は変わりません。

多くの方は脱毛エステのスタッフが施術すれば綺麗に脱毛できると思いがちですが、
それは大きな誤解です。
一応脱毛に関する資格はありますが、国家資格ではなく、
業界団体が勝手に作った微妙な民間資格です。現実問題を言えば、
この資格を持っているので「安心して脱毛出来ますよ」というだけで、
別に素人が脱毛しても差はありません。

脱毛器の違いはあるのか?

この事に関していえば、このサイトのあらゆるところで紹介しておりますが、
脱毛エステの脱毛器も家庭用脱毛器も違いはありません。
(あくまでも脱毛力に関して)

業務用脱毛器と家庭用脱毛器の違いはこのページで紹介しておりますで、
そちらを参考にして頂ければ良いと思いますが、
脱毛エステで使える脱毛器の出力には限界があります。
何故なら、脱毛は医師法(17条を補完する厚労省105号通知)すれすれの行為で、
一歩間違えれば、医療行為になるので、脱毛器の出力には慎重になります。
特に大手の脱毛エステは、より出力を抑えて脱毛します。

万が一顧客の肌に問題があれば、 お店全体の運営に大きな影響を与え会社経営が出来なくなります。

もちろん、家庭用脱毛器と言ってもピンキリですから、
全ての脱毛器がエステサロン並みとは言いません。

しかし、ケノンのような高性能の家庭用脱毛器なら、エステサロンと同等、
脱毛パワーならそれ以上の物もあります。

その辺に関しては、イチオシの家庭用脱毛器は?
家庭用脱毛器を使った138人にアンケートをご覧頂ければ
どの脱毛器が良いか理解できると思います。

価格の違いは?

エステは、リッチの良い場所にお店を構え、人を雇って脱毛するのでコストがかかることから、
当然脱毛エステの方が価格は高くなります。 ただそれだけの事です。

しかし、それは何処まで脱毛するかによって変わります。
例えば、照射範囲の狭い脇だけなら、
キャンペーンを利用して脱毛すれば、エステの方が安くなることもあります。
エステなので綺麗に脱毛できるとは言いませんが、
両脇1万~2万円くらいで脱毛できるエステはザラです。

ただし、照射範囲が広い脚や腕、全身脱毛なら当然家庭用脱毛器の方がコストは安いでしょう。
どのエステで脱毛するかによっても変わりますが、
家庭用脱毛器なら、脱毛エステに比べ100分の1以下のコストで全身脱毛できます。

例えば、ケノンなら付属品だけで約13回全身脱毛できますので、
本体価格73,800円÷13回=約5,700円となります。
また、7700円~9,800円のカートリッジを交換すれば、
さらに13回も全身脱毛出来ます。
実際には13回も全身脱毛する必要はありませんから、
単純計算13人で使ってもカートリジッジを交換する必要はありません。
ケノンの体験レビューはコチラ

これがエステサロンで全身脱毛しようと思えば、
30万円~50万円はかかり、中には70万円以上払う方もいます。
また、エステなのでまた毛が生えてくる可能性も高く、
その場合、再度同じお金を払わなければいけません。

脱毛期間の違いは?

家庭用脱毛器は通常の脱毛通り、毛の周期に合わせて2週間に1回くらいの脱毛ができますが、
脱毛エステなら、せいぜい1ヶ月に1回くらいで、
中には2ヶ月~3ヶ月に1回くらいの脱毛になる事もあります。
というのも、脱毛エステは予約が必要で、
人気の脱毛エステなら中々予約が取りにくいのです。

もちろん、脱毛は毛周期合わせて脱毛することで効果を発揮し、
3ヶ月に1度くらいベストですが、それはあくまでも出力の高い医療レーザー脱毛でのこと。
エステでそのくらいのペースだと、全身脱毛を終えるのに3年はかかります。
果たしてそこまで通い続けられるでしょうか?
家庭用脱毛器なら1年もあれば脱毛を終えられます。

エステの方が優れている点

家庭用脱毛器よりもエステの方が優れている点は、
自分では手の届かないところを脱毛できるということ。

例えば、背中です。
さすがに自分で背中の脱毛をすることは出来ません。
しかし、脱毛魔女は、母に背中の脱毛を手伝ってもらいましたので
家庭用脱毛器で行なえました。 脱毛器は誰でも使いこなせるので、
エステにいってわざわざ脱毛する意味はありません。

エステの低価格キャンペーンの実態

よくエステでは新たな顧客を見つけるために、
驚くほど低価格で脇の脱毛をするところがあります。
中には500円で脇脱毛できるというエステもあります。
その価格に興味を引かれ、
エステを利用する方も少なくありません。

しかし、その実態を理解している方は少ないと思います。
まず500円で脱毛しても、エステ側の儲けはありません。
ただ、その中の何割かが、必ず高額コースに申し込む方がいますので、
そこで利益が出るようになっております。

だったら、それ以上お金を使わないと決めれば良いと思うかもしれませんが、
実際はまともに脱毛できないまま終わってしまいます。
何故なら、低価格でキャンペーンをしているということは、
それだけ多くのお客様がいて、思うように予約が取れないのです。
そして、低価格だから仕方ないかという事で諦めてしまい、
まともに脱毛できないまま止めてしまいます。

実際に脱毛魔女も、何度か頑張って通いましたが、
次に予約が取れるのは3ヶ月後とかになり、全然毛も薄くならないので、
諦めてしまいました。
これが実態です。

具体的な名称は控えますが、脱毛エステ最大手のミ●●は、
両脇の脱毛を100円というキャンペーンを行なっております。

ただ、実際に脱毛してみると、中々予約が取れず、
2年間で脱毛できたのは、3回だけという方もいたようです。
エステのような出力の弱い脱毛器で3回だけなら、全然効果を感じられませんし、
そんなペースで脱毛すれば、両脇だけでも8年くらいかかります。

しかし、冷静に考えればわかることで、その脱毛エステの会員数は239万人といわれており、
店舗数は日本と海外で210店です。
単純に計算すれば1店舗当たり、約11,400人の会員になるので、
思うように予約が取れないのは無理はありません。
しかも、会員数は年々増えています。

もちろん、全ての会員がアクティブなわけではありませんから、
実際はそんなに多くの会員が動いているわけではありません。

しかし、実態は安いキャンペーンで多くの方を集め、
その中で高いお金を払ってくれた方だけ、しっかりと脱毛出来ればよいと
感じてしまいます。

結局どっちが良いの?

当サイトが脱毛器のサイトだから言うのではなく、
はっきり言って家庭用脱毛器の方が良いです。
わざわざ高いお金と大切な時間を使いエステを利用する意味はないと思います。

もし、エステを利用するなら、ここでお話したような事を理解し、
過度な期待をしないことです。
そうすれば、満足できなくても「こんなもんかぁ」と諦めても付きます。
駄目もとでも一度エステを試して頂ければ、ここでお話したことをより実感できるはずです。

脱毛魔女がおすすめする実力NO1脱毛器


ケノン

下手に脱毛エステに行くくらいなら、ケノンを使った方が綺麗に早く脱毛できます。 性能が良いので他の脱毛器より若干本体価格は高いですが、脱毛エステで脱毛するよりも安くなります。 例えば、エステで全身脱毛すれば10万円以上かかりますが、ケノンだとコストを計算すれば何と5,000円台です。 数ある家庭用脱毛器の中でも実力NO1で、脱毛力、1ショットコスト、照射範囲の広さ、その他の機能など、 どれを取っても優れているのでかなりおすすめの脱毛器です。

価格 電気 種類
73,800円 コンセント式 フラッシュ 静か
用途 出力レベル 照射面積 1ショットコスト
全身向き 10段階 9.25m 0.0185円
痛み 脱毛力 保証期間 お支払い
少ない 高い 1年間 最大24回分割


ビフォーアフター

効果の弱いエステサロンに高いお金と長い時間をかけなくても、
高性能の脱毛器を購入すればこのくらいには綺麗になります。
ビフォーの画像は毛を剃ってから5日くらいですが、脱毛魔女は毛の量が多いので、
かなり生えます。
しかし、ケノンで脱毛すれば、ほぼ毛が生えませんし、
自己処理することもなくなります。

次のページイチオシの家庭用脱毛器は?

関連ページ一覧

ケノン
最も人気の家庭用脱毛器
第2位 トリア
一番おすすめのレーザー脱毛器

第3位 センスエピ
軽くて使いやすい