家庭用脱毛器のサイトTOP家庭用脱毛器の基礎知識>フラッシュ脱毛器のメリット・デメリット

家庭用フラッシュ脱毛器のメリットやデメリット

最近人気の家庭用脱毛器ですが、いろんな種類が各社から発売されています。
その中で最も人気のあるのがフラッシュ脱毛器です。

エステサロンで使われているのもこのフラッシュ脱毛器。

フラッシュ脱毛(IPL脱毛)とは、肌にカメラのフラッシュのような光を照射することで、
毛根が熱によって変化を起こし、毛を弱らせて抜け落とすというものです。

フラッシュ脱毛器のメリット

フラッシュ脱毛器のメリットは、
フラッシュの当たる部分が広範囲になる事から(20ミリX30ミリ程度)、
1度の照射で広範囲を脱毛することができるので、
脱毛に要する時間も短く、痛みも少ないことでしょう。

また脱毛効果も非常に高く、家庭用脱毛器やエステサロンは、フラッシュが主流で、
リスクがなく綺麗に脱毛できる事から、家庭用脱毛器を選ぶなら、
間違いなくフラッシュ脱毛器が最もおすすめです。

使い方は、脱毛したい場所の毛を剃り、部位を冷やしておきます。
これは照射する際に発生する熱からの刺激を和らげる為に行います。
この2つの脱毛のための下準備が終わったら、脱毛開始です。
メーカーによって多少使い方は異なりますが、
誰でも簡単に操作することができますので、 使い方も簡単です。

フラッシュ脱毛器のもう一つのメリットとして、
脱毛本来の目的も然ることながら、このIPLという光線が、
お肌のキメを整える効果が有ると言う点は見逃せません。

肌本来の機能を回復させる力があるので、肌のキメを整え、
ハリやツヤがでるようになります。
実際に美顔器として使うこともできる家庭用脱毛器もあり、
脱毛効果以外にも役立てることができるというのは女性にとってはうれしい美容器械です。

フラッシュ脱毛器のデメリット

フラッシュ脱毛にもデメリットがあります。
それは、脱毛用カートリッジの交換が必要だという点です。
器種によって、カートリッジの交換を必要とする時期が短いタイプのものと、
長く使えるものがあります。 価格もさまざまなので、購入を考える場合は、
数社のフラッシュ脱毛器を比較検討してから購入するようにしてください。

イチオシの家庭用脱毛器のページで各脱毛器の比較をしておりますので、
そちらでフラッシュ脱毛器を参考にすれば良いと思います。

しかし、このカートリッジ交換は、カートリッジさえ交換すれば、
本体が壊れない限り半永久的に使い続けることができるということも言えます。

例えばこれがエステサロンなら、永久脱毛は出来ませんから、
脱毛が終わった後でもムダ毛が生えてくるので、
再度通うとまた同じ料金が発生します。

エステサロンで全身脱毛しようと思えば30万円以上はかかり、期間も3年~5年と非常に長くなります。

対して、家庭用脱毛器なら、5,000円前後のカートリッジ代だけで、
何度も脱毛することが出来ます。

また、長く使えるカートリッジなら(1ショットコストが安いもの)、1つのカートリッジで
10回以上は全身脱毛が可能です。

ですから、カートリッジ交換は、デメリットであると同時に
メリットでもあると言えます。

カートリッジ交換以外にもフラッシュ脱毛器はもう一つデメリットがあり、
それはレーザー脱毛器によりも、脱毛パワーが落ちるということです。

レーザーは直線的に光を発し、照射してからお肌に光が届くまで、一定のパワーを保ちますが、
フラッシュの場合、光が拡散してお肌に届くまで若干パワーが落ちます。
その事は、ジュール数の本当のところで詳しくお話していますので、
興味があればそちらも参考にして下さい。

ただ、パワーが落ちるといっても、メーカーによって異なりますので、
それほど気にする事はないと思います。

エステサロンと家庭用脱毛器のフラッシュ脱毛って何か違うの?

当サイトに訪れる方は、エステサロンか家庭用脱毛器どちらにしようか迷っている方が多くいます。

エステサロンもフラッシュ脱毛器を使っていますので、
家庭用と何が違うのかと疑問を持っている方もいるのではないでしょうか

基本的に仕組みは同じで、ケノンのような高性能の脱毛器を使えば脱毛パワーも差はありません。

もしろ家庭用なら自由に出力を設定できますから、
エステサロンより脱毛パワーが高い事もあります。

多くの方は、エステサロンの方がパワーがあると勘違いしていますが、
今は家庭用の性能が高まりほとんど差はなくなっています。

実際に脱毛器を製造している工場の方に聞けば脱毛力に差はありませんと
言うと思います。

もちろん、家庭用脱毛器もピンキリで、
3万とか4万円くらいで購入できる安い脱毛器ならパワーは弱いですが、
ケノンのような脱毛器なら差はありません。

家庭用脱毛器とエステサロンについては、
「家庭用脱毛器」と「脱毛エステ」どちらが良いのかでも
お話しておりますので、是非ご覧ください。

フラッシュ脱毛器のまとめ

フラッシュ脱毛器のメリットやデメリットをお話しましたが、
実際のところはフラッシュ脱毛器しか選択肢がないとも言えます。

家庭用脱毛器もエステサロンもそうですが、
レーザー脱毛自体少ないですし、サーミコンや泡脱毛などは、
脱毛ではなく、ただの除毛です。

そうなると必然的にフラッシュ脱毛器を使うしかなくなります。

また、脱毛というのは医療行為すれすれで、
新しい手法が出てきにくく、もし新しい方法が出たとしても、
お肌に直接影響を与える物は、クリニックでしか取り扱えないですし、
取り扱えるとすれば、脱毛できないということになります。

つまり、クリニック以外でしっかりと脱毛しようと思えば、 フラッシュ脱毛器になるのです。

おすすめの実力フラッシュ脱毛器


ケノン

数あるフラッシュ脱毛器の中で最も実力があり、おすすめなのがケノンです。 発売当初から見るとバージョンUPされ、高性能に進化しております。 ここ数年ケノンを越えるフラッシュ脱毛器が現れていなく、多分これからもないかもしれないと言えるほど、他の脱毛器の群を抜いています。本当なら他にもフラッシュ脱毛器を紹介したいのですが、あまりにも性能に差があるため 紹介できないのが現状です。

価格 電気 種類
73,800円 コンセント式 フラッシュ 静か
用途 出力レベル 照射面積 1ショットコスト
全身向き 10段階 9.25m 0.0185円
痛み 脱毛力 保証期間 お支払い
少ない 高い 1年間 最大24回分割
おすすめの脱毛器

次のページサーミコン脱毛器のメリット・デメリット

関連ページ一覧

ケノン
最も人気の家庭用脱毛器
第2位 トリア
一番おすすめのレーザー脱毛器

第3位 センスエピ
軽くて使いやすい