家庭用脱毛器は痛くないのか?

家庭用脱毛器の痛みって、どのくらいなのでしょうか?

せっかく買ったのに、ガマンできないくらいの痛みで、
使えなくなったらもったいないって考えてしまいますよね。

痛みの感じ方としては、輪ゴムをパチンとしたくらいとか、
少しあたたかくなるくらいというイメージです。

もちろん、痛みの強さには個人差がありますが、
まったく耐えられないというほどではありませんし、脱毛器によっても異なります。

家庭用脱毛器では、フラッシュ方式の方がレーザー方式に比べて痛みが少なくなります。

フラッシュ方式で使われている光はインテンスパルスライト(IPL)といって、
遠くに離れる ほど拡散していく性質を持っています。

その性質によって、お肌の表面温度をほとんど上げることなく毛根にダメージを与えることが
できるのです。

フラッシュ方式に比べて痛みの出やすいレーザー方式の脱毛器ですが、
その分威力が強いので脱毛の効果もはやく感じられる、
という人が多いようです。

痛みの感じ方は、部位によっても違ってきます。

レーザー方式もフラッシュ方式も、黒い色素に反応する光をお肌にあてて、
毛根にダメージを与えていく脱毛方法です。

なので、濃くて太い毛であるほど脱毛の効果は早くあらわれますが、
痛みも強くなりがちです。

ワキやビキニラインのムダ毛は、
他のパーツと比べて痛みが出やすいでしょう。

ワキやビキニラインは、刺激に弱く皮膚が薄いパーツなので、
痛みも出やすくなります。

痛みが心配という人は、ムダ毛の色素が比較的薄いパーツから試してみる、
出力を小さめにしてはじめてみるという方法を取ってみましょう。

また、施術する部位をタオルでくるんだ保冷材などでしっかりと冷やしておくと、
痛みだけではなくお肌の赤みも抑えることができます。

日焼けしてお肌が黒くなっていても、痛みが出やすくなります。

ときには火傷になってしまうこともあるので、
家庭用脱毛器を使っている期間中はUV対策をしっかりとるようにしましょう。

それでも焼けてしまったときには、施術を見送った方がいいかもしれませんね。

一部の脱毛器を除いてそれほど痛みがあるものはありません

前述したように、VIOやワキ、顔のような特定の部位は多少痛みがありますが、
家庭用脱毛器や脱毛サロンで使われているフラッシュ脱毛器は
それほど痛みはありません。

仮に痛みに敏感な方でも出力レベルを調整すれば良いだけです。

しかし、トリアのようなレーザー脱毛器は出力レベルを下げると効果が弱く、
かと言ってレベルを上げるとやはり痛いので、
痛みに対して不安がある方はフラッシュ脱毛器を選んだ方が良いでしょう。

選び方については家庭用脱毛器の選び方をご覧ください。

とにかく家庭用脱毛器ではレーザー脱毛器さえ使わなければ痛みをそれほど気にする必要なく、
痛みを気にしなければいけないのは、クリニックのレーザー脱毛の場合です。

どうしても痛みが気になる方は

それでもどうしても痛みに不安がある方は、麻酔クリームを購入するのも一つの方法です。
代表的なのはエムラクリームです。

麻酔クリームを付けても完全に痛みがなくなるわけではありませんが、 かなり痛みが軽減されます。

フラッシュ脱毛なら、もしかしたら意味がほぼなくなる方もいるかも知れません。

しかし、麻酔クリームは、通常のドラックストアでは購入できませんので、
個人輸入しているネットショップからしか購入出来ません。

管理人の個人的な意見では、トリアならわかりませんが、
フラッシュ脱毛器で麻酔クリームを使う必要はないと思います。

次のページ脱毛しない方が良い部位

関連ページ一覧

ケノン
最も人気の家庭用脱毛器
第2位 トリア
一番おすすめのレーザー脱毛器

第3位 センスエピ
軽くて使いやすい