家庭用脱毛器の脱毛頻度と主要部位脱毛回数は?

どのくらい脱毛すれば良いのか気になる方も多いと思いますので、 このページでは、部位別の脱毛回数を紹介していきます。

ですが、注意して頂きたいのは、人によって脱毛回数が異なるということです。 毛の量や濃さも異なりますし、脱毛効果も人によって異なります。 また、脱毛力のある脱毛器やそうでない脱毛器によっても当然違ってきます。

ですから、あくまでも目安くらいの気持ちで認識して下さい。

顔:3回~8回
ヒゲ:10回以上
両脇:7回~10回
両腕:7回~10回
背中:5回~10回
お腹周り:3回~10回
手の甲や指:3回~5回
脚:6回~15回
足の甲と指:3回~6回
お尻:6回~10回
Vライン7回~10回

このサイトをご覧になっている方なら、わかると思いますが、
脱毛は毛の周期にあわせて脱毛しなくてはいけませんので、
2週間に1回くらいの頻度で脱毛していきます。

例えば、両脇なら、7回~10回で、
脱毛期間とすれば、3ヶ月~6ヶ月くらい
となります。

また、脱毛器によっても異なりますが、
どの部位であれ5回くらい脱毛すれば、毛が薄くなってきて自己処理がらくになり、
10回以上脱毛すれば、たまに産毛が少し生える程度で、
自己処理がほとんど必要なくなります。

脱毛魔女も主要部位は(脇や脚など)10回以上脱毛しました。

回数を増やせば、その分毛が生えてくる可能性も少なくなりますので、
毛が生えてこなくなってきてからも、
数回脱毛するのがコツです。

ちなみに補足ですが、脱毛エステで脱毛しても、そのくらいの脱毛回数になり、
クリニックのレーザー脱毛なら、回数が減ります。

ただ、脱毛エステは家庭用脱毛器と同じくらいの出力にも関わらず、
クリニックと同等の毛周期に合わせて2ヶ月~3ヶ月くらいの脱毛頻度になりますから、
期間は相当かかります。
全身脱毛なら3年以上は覚悟してください。

また、家庭用脱毛器で出来るだけ脱毛回数を減らしたければ、
照射範囲が広く、脱毛力があるケノンを使うと良いでしょう。
家庭用脱毛器では最小の回数で脱毛できるはずです。

1回の脱毛のショット回数

上記は部位別の脱毛回数に関してですが、
以下は1回の脱毛で必要なショット回数です。

当然使う脱毛器や出力レベルによっても異なりますので、あくまでも目安です。
今特別理解する必要もありませんが、一応紹介しておきます。

下記を1セット1回として脱毛していくことになります。

全身部位別脱毛器のショット数のイラスト図

次のページ1回の脱毛時間

関連ページ一覧

ケノン
最も人気の家庭用脱毛器
第2位 トリア
一番おすすめのレーザー脱毛器

第3位 センスエピ
軽くて使いやすい