家庭用脱毛器のサイトTOPおすすめ家庭用脱毛器>ケノンとトリアの脱毛器を徹底比較

ケノンとトリアの違いとどちらが良いのか比較

ケノンとトリアどちらを購入しようか迷っている方もいると思います。

しかしスペックを比較しても良くわからないし、
どちらが自分にあっているのかもサッパリ。

脱毛器は決して安い買い物ではありませんので、
自分に合った最適な方を購入したいはずです。

そこでケノンとトリアを細かく比較したましたので、是非参考にして下さい。

ケノン トリア
脱毛器 ケノン使用画像 トリア使用画像
種類 フラッシュ レーザー
価  格 73,800円 54,800円
照射範囲 9.25m 1m
カートリッジ価格 7,700円 本体価格の半額(バッテリー交換)
ショット数 最大200,000発 最大200,000発
1ショット
コスト
0.0185円 0.137円
脱毛部位 全身 全身(顔は口周りのみ)
脱毛力 高い 高い
痛み 痛くない 痛い
出力レベル 10段階 5段階
美顔器 あり なし
詳細 ケノンの
詳細に進む
トリアの
詳細に進む

フラッシュ脱毛器とレーザー脱毛器何が違うの?

ケノンはフラッシュ脱毛器でトリアはレーザー脱毛器ですが、
何が違うのか気になる方も多いと思います。

その辺の違いは、家庭用脱毛器の種類って?でも
お話しております。

おさらいのために簡単にいうとフラッシュ脱毛器は
インテンスパルスライト(IPL)という光を使っていて、
光が拡散する特性があります。

そのため、1ショットで多くの面積に照射でき、
お肌にも優しいのですが、光のパワーが弱くなります。

対して、トリアのレーザー脱毛器(ダイオードレーザーを採用)は、
光が直線的にお肌に当たるので、1回の照射で当てられる面積は狭いですが、
その分光のパワーが強い特性があります。

しかし、その分痛みが強く、
特に女性のようにお肌が敏感な場合だと痛みに耐えられない可能性もあります。

脱毛効果の違いは?

毛が濃かったり、毛の量が多かったりする場合は、脱毛効果に違いはほとんどありません。
若干ケノンの方が脱毛力がある感じがしますが、
それほど違いは感じないでしょう。

ただ、産毛のような薄い毛はケノンの方が効果は高く、
トリアは薄い毛の反応は悪いと思います。

何度かトリアで薄い毛を脱毛してみたのですが、
全然毛が生えてきましたし、痛いだけで効果を感じませんでした。

因みに当サイト管理人の脱毛魔女は、ケノンで脱毛して
以下くらいまで綺麗になりました。

脇の脱毛前正面の画像

脇の脱毛前横の画像

脇の脱毛後の画像

かなり綺麗になったと思いませんか?
ケノンだと細くて薄い毛も綺麗に脱毛できるのでこのくらいまでは脱毛出来ます。

ケノンは照射範囲が広くトリアは狭い

トリアの欠点の一つに照射範囲が狭いという事があります。

照射範囲とは、1回の照射で脱毛できる面積の事ですが、
この照射範囲が狭いのは脱毛効果がないと同じくらいのデメリットです。

例えば、「脱毛するのに時間がかかる」
「うち漏れや重ねうちなどが起きて、脱毛効果にばらつきが出る」
「脱毛するのが面倒になり挫折してしまう」など
色々あります。

トリアの照射範囲は1㎡で、これはあまりにも狭すぎます。
対してケノンは、9.25㎡あるので、単純に比較しても、
トリアだとケノンの9倍以上時間がかかるという事です。

もちろん、顔の脱毛の場合は、ある程度狭いほうが良いのですが、
それでもトリアは狭すぎますし、
ケノンも顔用に最適の照射範囲のカートリッジがあります。

やはりトリアは痛い

トリアのもう一つのデメリットとして痛みがあります。
やはり、レーザー脱毛は脱毛効果が高いのは良いのですが、
痛みが強くて使えないという方も結構います。

男性や痛みに強い方なら耐えられると思いますが、
一般的な女性の感覚では少し厳しいとも感じます。

対してケノンなら、フラッシュ脱毛器なのでそれほど痛みは感じません。
もちろん、出力レベルをMAXにすれば多少の痛みはありますが、
十分に耐えられる程度です。

脱毛魔女も脱毛になれてきた後半は、レベル10で照射していましたが
全然平気でした。

しかし、痛みは慣れもありますので、トリアでも何度か脱毛していれば、
耐えられるくらいにはなると思います。

ランニングコストはどちらが安い

脱毛器を選ぶ際で重要になるのはランニングコストです。
つまり、本体以外にかかる費用の事です。

単純に1ショットコストを比べれば、
ケノンが0.0185円でトリアは0.137円です。
価格的にはケノンの方が圧倒的に安くなります。

しかし、ケノンはカートリッジの交換で、
トリアはアダプターの交換になりますので、
若干違いはあります。

両者の違いは何かと言われればさほど違いはありませんが、
あえて言うなら、アダプターの場合、
使い続けていくと脱毛効果が落ちていく傾向になります。

ケノンの使っているカートリッジでパワーが落ちることはありません。

ケノンはフォトフェイシャル美顔器がついている

トリアの脱毛器では美顔器として使えませんが、
ケノンはフォトフェイシャル美顔器としても使えます。

このフォトフェイシャルは美容外科で使っているのと同じ仕組みで、
ニキビ治療、シミ取り、しわ対策などに使います。

もちろん、家庭用ですので、
美容外科のような出力は出ませんが、
それでも自宅で美肌対策ができるので、かなりお得だとは思います。

口コミでの評価は?

当サイトでは管理人以外の一般的な評価がわかるように
実際にケノンやトリアを使った方にインタービューという形で、
体験談を書いてもらっています。

例えば、家庭用脱毛器を使った138人にアンケート
アンケートを取っていますし、以下のように体験談も紹介しております

さおりさんのケノン体験レポート
みゆきさんのケノン体験レポート
凛さんのケノン体験レポート
このみさんの脱毛器トリア体験レポート
うにさんの脱毛器トリア体験レポート

そちらも参考にしてもらえればと思います。

結局ケノンとトリアどちらが良いの?

個人的にはトリアは好きなのですが、
やはりすべての面でケノンが上回っています。

好みの問題はあるかもしれませんが、
単純にスペック、管理人の体験、口コミの評価を見ても、
ケノンが劣るところはありません。

あえていうとすればトリアの方が価格は安いのですが、
それでも効果やこれから先使っていくことを考えれば、
全然ケノンが上だと思います。

やはりケノンがおすすめ


ケノン

ケノンは家庭用脱毛器の中でもかなり進化していて、 家庭用の枠を超えて業務用レベルです。出力レベルを自由に調整できる特性を考えれば、 業務用より上ではないかというくらいです。

トリアも良い脱毛器ではありますが、やはりケノンと比べれば見劣りしてしまいます。 ケノンかトリアどちらか迷っているなら、ケノンを購入すれば間違いはありません。

価格 電気 種類
73,800円 コンセント式 フラッシュ 静か
用途 出力レベル 照射面積 1ショットコスト
全身向き 10段階 9.25m 0.0185円
痛み 脱毛力 保証期間 お支払い
少ない 高い 1年間 最大24回分割


ビフォーアフター

ケノンで脱毛したビフォーアフターの画像です。
脱毛前の画像はカミソリで剃って5日後くらいですが、結構毛が生えてきます。
正面だとどれだけ剛毛かわかりにくいので、横から撮影しました。
それでもケノン脱毛器を使うと、ムダ毛がほとんど生えなくなり、
今ではほぼカミソリは使いませんし、産毛も綺麗に脱毛できています。

関連ページ一覧

ケノン
最も人気の家庭用脱毛器
第2位 トリア
一番おすすめのレーザー脱毛器

第3位 センスエピ
軽くて使いやすい