ケノン使用後の結果や体験レビュー、特徴やQ&Aを紹介

ここでは他のサイトでは掲載しきれいないケノンの詳しい詳細を紹介します。

ケノン

知名度が高く、恐らく日本で最も売れている家庭用脱毛器がケノンだと思います。人気の理由は、色々ありますが、
「ランニングコストが安い、脱毛力が高い、痛みが少ないl」 ことです。全身脱毛を考えている方なら、他の脱毛器はもちろんエステサロンに行くよりも、脱毛期間が短く、コストも安く、綺麗に脱毛できるはずです。 詳しい事は下記にケノンで脱毛した結果や使用感のレビュー、Q&Aなどを紹介しておりますので、 興味があれば是非ご覧下さい。因みに脱毛魔女もケノンでほとんど全身脱毛しました。

価格 電気 種類
73,800円 コンセント式 フラッシュ 静か
用途 出力レベル 照射面積 1ショットコスト
全身向き 10段階 9.25m 0.0185円
痛み 脱毛力 保証期間 お支払い
少ない 高い 1年間 最大24回分割

 

まずはケノンの脱毛前と脱毛後の違い

脇の脱毛前正面の画像

脇の脱毛前横の画像

脇の脱毛後の画像

脱毛魔女は毛を剃ってもすぐに生えてくるのが嫌で、ほぼケノンで全身脱毛しました。
(恥ずかしいので脇だけの画像です。気が向いたら他の部位も今度紹介します)
決して肌が綺麗なわけではありませんが、
ケノンで脱毛し終わってから、2年以上たちますが、たまに多少産毛が生える程度で、
ムダ毛で悩むことは今はありません。実際にケノンを使ってから全然ムダ毛が生えないので、半年以上はカミソリを使っていない状態です。 上記はビフォー、アフターの写真ですが結構ツルツルだと思います。

脱毛前の写真は確か毛を剃って5日後ですが、それでもかなり毛が生えてきます。、
良くぞここまでお肌がツルツルになったという印象です。

今では薄着の可愛い服を着ることも抵抗ありませんし、
プールや海にいくときでも、以前に比べ気を使う事は少なくなりました。

因みに、ケノンを使えば毛穴の引き締め効果があるので、
毛穴が気になっている方は、毛穴を目立たなくすることも可能です。

毛穴に関しては効果の感じる時期はまちまちですので、
すぐに効果が出る方もいれば、使っていくうちに綺麗になる方もいます。

もしどうしても毛穴が気になり、すぐにでも何とかしたいという方は、
ケノンの美顔器を使えば良いでしょう。
ケノンの美顔器フォトフェイシャルなので、そうした毛穴やニキビ、しわなどにおすすめです。

別に美顔器だからといって顔だけにしか使ってはいけないということはありません。
全身に使って良いのです。


ケノンの体験レビュー

保冷剤の画像

余分な無駄毛を処理して、患部を冷やします。
しっかりと冷やさないと脱毛する時痛いので気をつけて下さい。
患部を冷やす保冷剤と無駄毛を処理するシェーバーは付属してあるので、
ご安心下さい。
まぁ、ケノンに付属してあるもの以外でも良いのですが。
特に問題なければ付属品を使って下さい。

ケノン使用の画像

ケノンはハンドピースが120gと軽く、とても使いやすいと思います。
トリア(500g)のように重くて長時間持っていると疲れる脱毛器もありますので、
軽いのは良い脱毛器のポイントでもありますね。

私はとりあえずレベル6から使いはじめましたが、想像以上に効果を感じるのが早く、
1ヶ月(2回使用)後には、
毛がポロポロ落ちるのがわかります。

2ヶ月くらい使うと生えてくる毛が薄くなるのがわかり、
特に脇の脱毛効果を感じるのが早かったですね。

1ヶ月2回くらいのペースで使い続け、剛毛だった私でも
大体7ヶ月~8ヶ月くらいでほぼ全身脱毛が終わりました。回数は14回~16回くらいです。
(Vライン・顔も含む)
現在ではほとんど毛が生えてきませんが、極たまに産毛が生える程度です。

これがエステサロンだと、全身きちんと脱毛するためには、
3年以上はかかりますので、そう考えればケノンは
かなり時間の短縮が出来ると言えます。

ちなみにいきなりレベル10で使うとかなり痛いので、
はじめは5くらいでテストした方が良いでしょう。
ただ、早く終わらせるために、はじめからレベル10で照射する方もいます。

ケノンのレベル10はかなり脱毛力があるので、10で照射するとその分回数が少なくなり脱毛期間が短くなります。

中にはケノンのレベル10は、医療レーザーと同じくらいのパワーがあると言っている方もいます。
実際はそこまでないと思いますが、パワーがある分痛みもあるので、
とりあえずテストしてから、レベルを調整して下さい。

ケノン本体の画像

ケノンは後何回使えるのかカートリッジの消費量がわかります。
ちなみにケノンは一つのカートリッジで全身脱毛13回くらいは出来るようです。
これがどのくらいコストが安いのかというと、
本体価格73,800円÷13回=約5,700円で全身脱毛できる計算です。
エステやクリニックなら、数十万円かかることを考えれば、いかに安いかわかると思います。
しかも、ケノンは10000円くらいのカートリッジを交換すれば、
また13回も全身脱毛できます。
(そんなに何回も全身脱毛する必要はないのでカートリッジを追加購入しなくて良い)

説明書の画像

はじめて脱毛する方は、どういう風にすればよいのか、
どうやって使えばよいのか不安だと思いますが、
ケノンの説明書にわかりやすく書かれておりますので、その辺は安心して使えますよ。

ケノンのデメリット

電源コード

ケノンの一つ残念なところが、電源コードが短く、近くにコンセントがなければ、
延長コードを用意する必要があるところです。
仮に電源コードが近くあっても、脱毛しやすい場所というのがありますので、
場合に応じて電源コードも用意して下さい。

その他にもケノンのデメリットを色々考えたのですが、正直ありません。
あえて言うと、ケノンは本体価格が高いという事ですが、これだけ高性能なら仕方ありませんし、
エステで脱毛することを考えればかなりお得です。


ケノンの使い方

女性の方はこうした機械系の操作が苦手だと思うかもしれませんが、
ケノンの使い方は至って簡単です。画像を使って紹介します。

ケノン使い方説明コンセント

ケノン使い方説明レベルを調整

ケノン使い方説明照射

これだけでOK!!簡単だと思いませんか。

ケノン使い方説明ショットモード

実はケノンにはショットモードという機能があり、
「自動」と「手動」どちらかを選べます。
「自動」というのは照射ボタンを押さなくてもお肌に近づけるだけで、
勝手に照射してくれ、「手動」だと自分でボタンを押さなければ照射されません。
私は自分のタイミングで照射したいので、手動で使っていました。

ケノン使い方説明カートリッジの交換

カートリッジがなくなった場合、交換すれば何度でも使えます。
一人で使う場合は、交換する事はほとんどないと思います。
1つで十分です。


ケノンでVIO脱毛する

エステサロンやクリニックでVIOを照射してもらうのは恥ずかしいので、
ケノンを選ぶ方はかなり多いようです。

当然ケノンでVIOラインの脱毛はできて、
管理人は脱毛しました。

ただ、Oラインは器用に照射しなくてはいけませんので、
若干難しいと思います。

脱毛のやり方は至って簡単で、
パイパンにしたければ毛を処理してそのまま照射すれば良いだけですし、
形を整えたい方は、アンダーヘア用のスタイルガイドを購入して、
好みの形に切り、それを当てて照射するだけです。

スタイルガイド

アンダーヘア用のスタイルガイドはアマゾンでも安く購入出来ます。

ケノンクラスのパワーがあれば、
3回か4回くらいで効果が目に見えてわかるようになると思います。

フォトフェイシャル美顔器としても使える

ケノンは脱毛器としてだけではなく、フォトフェイシャル美顔器としても使う事が出来ます。

フォトフェイシャルと言えば、
美容外科でシミ、くすみ、シワ、ニキビなどの肌トラブルに使われてる光治療で、
それが自宅でも出来るのです。

もちろん、美容外科のようなパワーはありませんが、それでも十分に肌トラブルに対して効果的で、
美顔器として使うためにケノンを購入する方も意外と多いようです。

脱毛器としてはもちろんですが、美顔器としても是非使って見て下さい。

その辺で販売されている美顔器より全然お勧めできます。

ケノンのお支払いや購入方法

ケノンのお支払方法は、
●代金引換:代引き手数料無料
●銀行振り込み:振り込み手数料はお客様が負担
●クレジットカード:1回~24回払い、ボーナス1回払い
もちろん、送料無料です。

ケノンお支払画面

脱毛器はデリケートな物なので、もし家族に見られたくないとかがあれば、
伝票にケノンという商品名を入れるのではなく、
化粧品、PC周辺機器、生活雑貨、書籍のどれかを入れる事も出来ます。

また、どうしても自宅に届けてほしくない場合は、
ヤマトの営業所で止めて、自分で取りに行くことも出来ます。


ケノンの値段やお得情報

ケノンは、楽天、アマゾン、ヤフー、公式サイトのネット販売限定で、
どこで購入しても価格自体は変わりません。

中にはどこどこで購入した方がお得だと思っている方もいるようですが、
メーカーさんも価格の値崩れを防ぐために何処で購入しても価格は同じに設定しております。

また、キャンペーンも頻繁に行っており、その場合の価格も同じです。
(アマゾンはキャンペーン価格が適用されていない)

ただし、ケノンの公式サイトで購入した方がカートリッジなどの付属品のサービスが充実しているので、
ケノンの公式サイトの方がお得な印象です。

なお、その都度キャンペーンの内容は変わりますが、
トータル的にお得感は変わりませんから、いつ購入しても大差はないと思います。

ケノンのカートリッジ

ケノンはカートリッジ式になっており、
カートリッジを交換すれば半永久的に使えるようになっております。

ただ、カートリッジを別途購入しなくても、十分に全身脱毛出来るようになっていますから、
無理に購入する必要もありません。

必要になったらその都度購入すれば良いでしょう。

それではケノンのカートリッジを紹介すると

照射面積 価格 目的
エクストラ 2.5×3.7=9.25㎝ 9,800円(本体と同時購入で5,600円) 効率よく短期間が全身脱毛することに適している
ラージ 2.0×3.5=7.0㎝ 7,700円(本体と同時購入で3,900円) 十分に全身脱毛も可能ですし、狭い部分の照射にも適している
美顔器用 1.5×3.0=4.5㎝ 6,800円(本体と同時購入で3,700円) フォトフェイシャル美顔器として使うカートリッジ
ストロング 1.5×3.0=4.5㎝ 本体購入時にレビューを書くことで無料で貰える 最も出力が高いカートリッジでヒゲやVラインなど毛が濃い部位に適している

これから全てのカートリッジは、ケノン本体を購入すれば全て付属品として付いてきますが、
ストロングカートリッジは購入後レビューを書くことで貰えるもので、
今のところ単品で購入することは出来ません。

また、付属品のカートリッジだけで十分ですが、
本体と同時にカートリッジを購入すると安くなるので、
念のために必要だと感じれば追加で購入するのも良いでしょう。

ケノンのコストって高いの?安いの?

ケノンは本体価格が73,800円(実際はキャンペーンによりもっと安い)と
決して安い買い物ではありません。

しかし、まともに脱毛するという点でケノンより安く出来る方法はないと思います。

全身脱毛を安くするために必ず知っておきべきことでも
お話しましたが、エステサロンなら30万円は以上はかかります。

しかもまた毛が生えてくることを考えて再度脱毛すれば、それ以上の料金がかかります。

対してケノンなら、73,800円だけで何度でも使えますし、
仮にカートリッジを消費しても1万円くらいでカートリッジを購入すればまた何度でも照射出来ます。

どんな方法であれまともに脱毛しようと思って安い方法はありませんから、
ケノンは例外だと言えるほど安いコストで全身綺麗に脱毛出来ます。


照射面積と主要部位の1回の脱毛時間

ケノンの照射面積は業界最大級の9.25c㎡です。
この照射面積がどのくらい凄いのかというと、
家庭用脱毛器として有名な「トリアは1c㎡」、照射面積が広い「エピナードでさえ7c㎡」です。
そしてこの照射面積が広い事で、1ショットで広い範囲のお肌を照射でき、
少ない回数で脱毛を終わらせる事が出来るという事です。
また、ショット回数が少ないという事は、ランニングコストも安くなります。

次に体のパーツ別に、ケノンだとどのくらいの時間が必要なのか目安を紹介したいと思います。
個人差がありますのであくまでも目安ですが、脱毛魔女は大体そのくらいでした。

ケノンの主要部位の1回の脱毛時間
口周り 40秒
片脇 40秒
片ひじ上 1分10秒
片ひじ下 1分10秒
背中全体 5分
片ひざ上 6分
片ひざ下 6分
Vゾーン 1分20秒

ケノンはお肌に優しい

ケノンが他の家庭用脱毛器と比べ、お肌に優しい理由は2つあり、
まず1つ目は
★防熱フィルターを搭載
している事です。

この防熱フィルターは、脱毛効果のある光を外に漏らさず、
効率的に脱毛できる上、フィルターを通しているので、お肌に優しく脱毛することが出来ます。

次に
★光は一瞬のパワー
ケノンはフラッシュ脱毛器なので、光を発光しますが、
その時間は何と、最短400マイクロ(1万分の4秒)です。
光は強力ですが、発光している時間は一瞬なので、
お肌への負担が少ないのです。

使いやすい

★音が静かで夜でも使える
家庭用脱毛器の中では音がうるさく使いにくいのがありますが、
内臓ファンなので、かなり静かでしかも、ミュートモードもあります。

★軽くて持運びに便利
ケノンも重さは約120gでこれは携帯くらいの重量です。
そのため長時間使っていても、手が疲れません。

★使い方が簡単
ケノンはディスプレイでどうのように使うか、表示されるので、
使い方に困る事はありません。

脱毛力が高い

ケノンの最も良い所は、脱毛力が高い上、お肌への負担が少ない事です。
具体的なジュール数は公開されていませんが、業界最大級と言われております。
(出力レベル10はかなり高い)
また、フラッシュは、光がお肌に届くまでにジュール数が弱くなりますが、ケノンはそれを防ぐため、
超極短発光を採用しております。
対して他社の場合、脱毛力が高いものがあってもその分痛く、使える部位も制限されます。
しかし、ケノンは「熱くなく、痛くなく」脱毛力が高い上、 I・Oライン以外全身何処でも使えます。(専用のカートリッジを購入すればI・Oラインも脱毛できる)

ケノンはこんな方には絶対に向かない方(デメリット)

■限定された狭い部位だけの脱毛をしたい方(指の無駄毛・鼻毛)は
わざわざ数万円のお金を出して脱毛する必要はありません。
■クリニックで永久脱毛したい方
■脱毛はどんな方法であれ、お金がかかりますが、
ケノンは本体価格が高いので初期費用がどうしても払えない方にはおすすめ出来ません。
(月々3000円の分割払いは可能)
■ケノンは本格的な脱毛ですので、一時的に毛が薄くなれば良い方は
ケノンでなくても良いと思います。

ケノンはこんな方におすすめ

■全身脱毛したい方
■剛毛な方
■部分脱毛をしたい方
■短期間で脱毛を終わらせたい方
■低価格で全身脱毛したい方
■エステ以上に早く綺麗にしたい方
■子供の脱毛をしたい方
■エステにいくのは恥ずかしい方
■美顔器としても使いたい方


ケノンのQ&A

ケノンは何処で購入すると一番安いですか?
ケノンの販売元は全て同じ、もしくはグループ会社ですので、
何処で購入しても価格は変わりません。
たまに、このサイトから購入した方が一番安いといっているサイトがありますが、
それはただ煽っているだけですので、 そうしたところは信用しないで下さい。
ケノンは小学生でも使えますか?
小学生でも十分に使えます。
実際に小学生のお子さんとお母さん親子でケノンを使っている方も多いようです。
もちろん、顔も含め全身何処でも使えます。
ただ、家庭用脱毛器は子供が使っても大丈夫?
のページでお話したように小学生は大人に比べ若干脱毛効果が弱くなる傾向にあります。
それはケノンや家庭用脱毛器に限らず、全ての脱毛に言えることです。
新しく発売されたケノンのストロングカートリッジはどうですか?
まずストロングカートリッジの特徴を言うと、
今までのカートリッジより脱毛パワーが増したということです。
そのため、色素が濃く毛が密集している髭やVラインにより効果を発揮してくれます。
家庭用脱毛器で、ここまでパワーを出してしまうと、
エステサロンに行く必要はなくなりますし、
毎日行なう髭処理感覚で脱毛することができるようになります。
今ケノンを購入すれば、付属品として無料で付いてくるので、
かなりおすすめです。
ケノンはヒゲの脱毛は出来ますか?
はい。ヒゲの脱毛も問題出来ます。
実際に私の友人の男性もケノンでヒゲの脱毛をしましたし、
上記でお話したように髭の脱毛に効果を発揮するカートリッジもあります。
ケノンでVIO脱毛は出来ますか?
Vラインは普通に脱毛できますが、I・Oラインはメーカーは推奨しておりません。
ただ、脱毛魔女はI・Oラインもケノンで脱毛しましたが、特に問題なく脱毛できました。
しっかりとムダ毛の自己処理をして、きちんと冷やしなが脱毛すれば大丈夫だと思います。
でも、I・Oラインは脱毛器の問題というより、脱毛しにくい部位ですので、
器用さが必要かもしれませんね。
また、脱毛するのが怖ければ、ケノンにはI・Oライン用の専用トリマーが販売されていますので、
そちらを購入すれば良いと思います。
ぶっちゃけ、ケノンは本当に効果があるのですか?
効果は人それぞれ違いますので、絶対に効果があるとは言えません。
それは医療レーザー脱毛でも同じで、効果が出やすい方とそうでない方がいます。
でも、脱毛魔女はケノンで綺麗に全身脱毛出来ましたし、
周りの友人にもケノンを進めたところ、
エステより全然綺麗に脱毛できたといっています。
仮に、効果があまり感じれなかったとしても、
それは効果が出るのが遅いだけで使い続ければ効果が出てきます。 もしケノンで効果が出なければエステでも効果がないと言うことになります。
ケノンは何回やれば効果が出ますか?
一回で毛が生えなくなる事はないので、やはり継続的に使わなければいけません。
その理由はケノンの精度と言うよりも、毛の生える周期によるものです。(詳しくはコチラを参照)
全身脱毛する場合は、2週間に1回のペースで、4~5回くらい繰り返し照射したほうが良いでしょう!
ジェルやクリームを使う必要ありますか?
特に必要ありません。ただ、クーリングジェル(冷やす事が目的のジェル)なら、使っても良いと思います。
皮膚がんになったり、お肌に悪い影響があったりしますか?
皮膚がんになる紫外線とケノンの光はまったく別物なので問題ありません。
また、ほくろや火傷に照射したり、 脱毛後24時間以内に照射部分を強い日光に当てたりしなければ、
お肌に悪い影響があることはありません。 (外に出る場合はUVを塗る)
ケノンはアトピーでも使えますか?
基本的には使えますが、
通院して薬を飲んでいる症状がひどい方は使用を控えた方が良いでしょう。

次のページレーザー脱毛器のメリット・デメリット

ケノン
最も人気の家庭用脱毛器
第2位 トリア
一番おすすめのレーザー脱毛器

第3位 センスエピ
軽くて使いやすい