家庭用脱毛器で綺麗に脱毛できるのか?

綺麗に脱毛出来るの?家庭用脱毛器の購入を考えるとき、1番気になるのは、本当にキレイに脱毛できるのか?ということではないでしょうか。

そんな疑問を解消するひとつの目安がジュール数。

ジュールとは熱伝導量やエネルギーの強さを表わす単位で、 ジュール数が高ければ高いほど脱毛効果も高いといえます。

家庭用の脱毛器は、熱や電気の力を用いて
毛根にある毛母細胞にダメージを与えて再生しにくく していく機器になります。

エステサロンや医療機関で使われている脱毛マシンにも、
ジュール数が用いられています。

脱毛器は、レーザーや光、電気から作られた熱を使用して脱毛を行います。

その熱は、色によって伝わり方が変わってきます。

明るい色は光を吸収せずに反射するのに対し、
黒い色はしっかりと熱を集めることができます。

虫めがねで太陽の光を集めて画用紙を燃やすとき、
白い画用紙よりも黒い画用紙の方が、はやく 火が付きますよね。

それと同じように、濃いムダ毛の方が少ないジュール数で効果が見えますが、
薄いムダ毛の場合 にはそれよりも高いジュール数が必要になってきます。

具体的には、しっかりとした剛毛を処理するには14~20ジュール、
あまり目立たない産毛まで処理したいのなら36~40ジュール程度が
必要だといわれています。
(脱毛エステや家庭用脱毛器で36~40は出せない)

レーザー方式でもフラッシュ方式でも、
1度施術してからすぐにムダ毛がなくなるというわけではありません。

脱毛の効果を感じられるまでの施術回数には部位や個人によって差がありますが、
何度も施術を 重ねていくうちに、ムダ毛が細くなり、
次に生えてくるまでの期間も長くなってくるでしょう。

尚、中にはジュール数を公表してない家庭用脱毛器もありますし、
他のサイトを見ると明らかに誤ったジュール数を表示されているものもあります。

なので、購入を検討する際はそれほど気にする必要はありません。
少なくても今回このサイトで紹介している家庭用脱毛器は、
十分に綺麗に脱毛できるレベルです。

具体的に何処まで綺麗にできるの?

家庭用脱毛器で何処まで綺麗に脱毛できるのか、
具体的に知りたい思います。

脇の脱毛前正面の画像

脇の脱毛前横の画像

脇の脱毛後の画像

上記はケノンという家庭用脱毛器で脱毛したビフォーアフターの画像で、
今ではカミソリを使う事はほとんどありません。

脱毛魔女は元々剛毛で、全盛期は2~3日に1回はカミソリを使って自己処理していたくらいなのが、
今では毎日ムダ毛を気にする必要はなくなりました。
家庭用脱毛器でもそのくらいは綺麗になるということです。
脱毛魔女の脱毛体験はケノンでご確認下さい。

また、脱毛魔女だけではなく、実際にケノンで脱毛して綺麗になった方も沢山いますので、
以下の体験レポートも参考にして下さい。
さおりさんのケノン体験レポート
みゆきさんのケノン体験レポート
凛さんのケノン体験レポート
きょうこさんのケノン体験レポート

逆に脱毛の知識がない方が脱毛エステの現状も知らずに、
脱毛エステに行ってまともに脱毛できないまま終わってしまうケースがほとんどです。

当サイトで口をすっぱくしてお話しているように、
エステに行くくらいなら、ケノンやトリアのような良い脱毛器を購入して、
脱毛した方が安く早く、そして綺麗に脱毛できます。
脱毛エステの現状は、「家庭用脱毛器」と「脱毛エステ」どちらが良いのか
確認できます。

クリニックにように完全に永久脱毛とまでは行きませんが、
家庭用脱毛器でも十分綺麗に脱毛できます。

綺麗に脱毛できる家庭用脱毛器の実力ランキング!


ケノン

このページでも紹介しておりましたが、脱毛魔女は全身ほぼケノンで脱毛しました。 細い毛や太い毛どんな毛質でも綺麗に脱毛出来ますし、照射範囲も広い事もあり効率よく短期間で脱毛出来ます。 また、見かけは変わりませんが脱毛魔女が購入した時よりもバージョンアップして脱毛パワーも上がっているようです。 全身つるつるに綺麗に脱毛したければケノンは実力NO1です。

価格 電気 種類
73,800円 コンセント式 フラッシュ 静か
用途 出力レベル 照射面積 1ショットコスト
全身向き 10段階 9.25m 0.0185円
痛み 脱毛力 保証期間 お支払い
少ない 高い 1年間 最大24回分割


ビフォーアフター

脱毛魔女は、お肌が綺麗なわけではなく、しかもムダ毛の量も多く、
脱毛前の画像はカミソリで剃ってから5日くらしか経っていません。
それでも、ケノンでしっかりと脱毛すれば、ムダ毛はほとんど生えてきませんし、
ムダ毛の自己処理をすることもなくなりました。
かなり綺麗に脱毛できるでのはないでしょうか。


トリア

レーザー脱毛器ということもあり、脱毛パワーが凄い。パワーだけならケノンにも引けをとりません。 特に太い毛には効果が高いと感じます。照射範囲が狭いので全身脱毛には若干効率が悪いですが、 それを補うパワーがありますから、かなりおすすめできる脱毛器です。

価格 電気 種類
54,800円 充電式 レーザー 若干あり
用途 出力レベル 照射面積 1ショットコスト
部分向き 5段階 1m 0.137円
痛み 脱毛力 保証期間 お支払い
あり 高い 2年間 最大24回分割

センスエピ

綺麗に脱毛するという点では、ケノンやトリアに劣りますが、本体価格が安いので購入しやすい脱毛器でもあります。 センスエピでも十分に綺麗に脱毛できますが、1ショットコストが高くカートリッジの消耗が激しいので、 何度もカートリッジを交換しなければいけないデメリットがあります。 トータル的に考えれば、コスパーが良いわけではありません。

価格 電気 種類
19,800円 コンセント式 フラッシュ 若干あり
用途 出力レベル 照射面積 1ショットコスト
全身向き 5段階 2.7m 2.52円
痛み 脱毛力 保証期間 お支払い
普通 弱い 1年間 最大12回分割


次のページジュール数の本当のところ

関連ページ一覧

ケノン
最も人気の家庭用脱毛器
第2位 トリア
一番おすすめのレーザー脱毛器

第3位 センスエピ
軽くて使いやすい