妊娠中は脱毛しても良いのか?

妊娠中の脱毛は妊娠中は赤ちゃんを守るために、身体の中でホルモンバランスが変化していきます。

それによって、ムダ毛の生え方も今までとは違ってきて、
ムダ毛が薄くなる人もいれば、逆に濃くなる人もいるようです。

それまでツルツルだったお腹周りにまで濃いムダ毛が生えてきて、 ビックリしてしまう妊婦さんも多くいます。

まず、結論から言うと、妊娠中に家庭用脱毛器を使う、もしくは脱毛するのは、
やめておいた方が良いと思います。

妊娠中はホルモンバランスの変化によって、
ムダ毛だけでなくお肌もいつもとは違う状態になっています。

普段ならなんともない刺激でも、
妊娠していると大きなダメージを受けてしまうこともあります。

また、ホルモンバランスの変化からムダ毛が濃くなっている場合、
ムダ毛の成長する力がとても強いので、処理をしてもキリがない・・・
という状態になる可能性も高くなります。

ちょっとした痛みでも、妊娠中の身体には大きな変化を与えてしまうこともあります。
それらの理由から、エステサロンでも妊娠中の脱毛は断るというところがほとんどです。

だからといって、赤ちゃんが生まれてからすぐに脱毛しても良いと言うことではありません。
赤ちゃんの授乳中もいつもとは違うホルモンバランスになっていますので、
脱毛効果も通常時に比べそれほど感じないと思います。

ですから、家庭用脱毛器を使う、もしくは脱毛は、
赤ちゃんが生まれて授乳も終わってからの方がいいといえるでしょう。

妊娠中は、保湿を徹底しておくと妊娠線の予防にもなりますし、
保湿を習慣にしておくことで産後落ち着いてから
脱毛を開始するときにお肌の乾燥を防ぐこともできます。

そのときにできるケアを続けることも、ツルツル肌への第1歩になります。

エステサロンの脱毛の場合、期間で契約していると、
妊娠中に期間が切れてしまうことがありまが、
家庭用脱毛器なら、授乳が終わってホルモンバランスが落ち着いてから
脱毛を再開することもできます。

それに、子どもが小さいうちはエステサロンまで定期的に出かけることもむずかしいですよね。

家にいながら、ちょっとした空き時間に使えるというのも家庭用脱毛器のいいところです。

次のページ生理中の脱毛は大丈夫?

関連ページ一覧

ケノン
最も人気の家庭用脱毛器
第2位 トリア
一番おすすめのレーザー脱毛器

第3位 センスエピ
軽くて使いやすい