トリア・パーソナルレーザー脱毛器4Xの特徴や詳しい詳細

ここでは他のサイトでは掲載しきれいないトリア・パーソナルレーザー脱毛器4Xの
詳しい詳細を紹介します。

トリア

家庭用脱毛器の定番と言えば、フラッシュ脱毛器ですが、このサイトで唯一紹介しているのが、トリアです。 レーザー脱毛器は、フラッシュ脱毛器に比べ脱毛力が強いのですが、その分痛みも強くなります。また、照射範囲が狭いため全身脱毛には向かず、部分脱毛に使う方がほとんどです。 但し、部分的にはかなり綺麗に脱毛することが出来、産毛以外の毛はほとんど生えてこなくなります。

価格 電気 種類
54,800円 充電式 レーザー 若干あり
用途 出力レベル 照射面積 1ショットコスト
部分向き 5段階 1m 0.137円
痛み 脱毛力 保証期間 お支払い
あり 高い 2年間 最大24回分割

 

トリアの体験レビュー

トリア商品画像

トリアはとてもシンプルな脱毛器で、
液晶などの画面はなく、脱毛器そのものだけです。
カートリッジも必要なく、内臓されているバッテリー式となっておりますので、
アダプターで充電して使うようになります。

トリアのレベル調整の写真

トリアは出力が5段階に分かれており、
わかりにくいですが、
緑のランプが3つ付いていたらレベル5、
真ん中と下ならレベル4、
上だけならレベル3、
真ん中だけならレベル2、
下だけならレベル1
となります。
正直はじめては戸惑いますが、
慣れれば問題なく使えますね。

トリア使用写真

まずトリアを使ってみて感じたのは 重い!
重量が500gありますので、ケノンの3倍以上あります。
ですので、長期間脱毛していると手が疲れます。
また、痛みも強いです。
脱毛魔女はレベル2でも結構な痛みがありました。
(痛みは個人差があります。)

ですが、 その分脱毛力の高さがあり、
6ヶ月も使えば、無駄毛がなかったようなお肌になります。
脱毛魔女は膝下の一部をトリアで脱毛しましたが、
4回目くらいで明らかに毛が濃かったのが嘘のようになりました。
脱毛力だけで言えば、家庭用脱毛器の中ではケノンに肩を並べれるくらいあると思います。

では、何故脱毛魔女が、ケノンを使ったのかというと、
いくらトリアの脱毛力が高くても、レベルを上げなければ脱毛効果が弱く、
人によって変わると思いますが、レベル4くらいは必要になり、
それだとかなりの痛みに絶えなければいけないからです。

次に照射範囲が1mと狭いので、脱毛にムラが出来るからです。
例えば、太ももを脱毛したとして、
脱毛できている箇所と出来ていない箇所があり、同じ太ももでも、
毛が生えたり、生えなかったりするからです。

ただ、何度もいうように脱毛力がありますので、
剛毛で悩んでいる方や多少の痛みに耐えられる方なら、
トリアは全然お勧めできる脱毛器です。
ちなみに脱毛魔女はケノンがなければトリアを使っていたかも知れませんし、
脇とか脚とか部分的な脱毛ならトリアでも良いと思います。

トリアの使い方

トリア程簡単に使える脱毛器はありません。 画像で説明すると...

トリア使い方説明

トリアはこれだけ使えます。
充電式なので、予めバッテリーを充電しておく必要がありますが、
ボタン一つで脱毛出来ます。

バッテリーは消耗品ですので、いずれ交換しなければいけませんが、
何とレベル1だと20万発も使えるので、交換するまで使う事はまずないでしょう。
因みにバッテリー交換は、本体価格の半額なので、27,000円くらいかかります。

まぁ、トリアに関してはそこまでランニングコストを気にする必要はありません。

脱毛力が高い。

レーザー脱毛器の特徴はなんと言っても脱毛力の高さです。
一度脱毛すれば、永久脱毛とはいきませんが、
産毛以外の毛はほとんど生えてくることはないでしょう!
そのため、ここの部分の毛を何とかなくしたいという方に非常におすすめです。

脱毛効果を感じるのが早い

トリアは脱毛力が高いため、効果を実感するのも早いと思います。
人それぞれ違いますが、3ヶ月もあれば目的の部位を綺麗に脱毛することが出来ます。
もちろん部分的な部位ではありますが、
一度脱毛すれば今後ムダ毛を気にすることはなくなるので、
後々らくになりますよ。

ひげの脱毛はできるの?

一応ひげの脱毛はできますが、正直痛いので、
十分に冷やしてから脱毛して下さい。
脱毛力はあるので、痛みに耐えられれば、ひげの脱毛は良いと思います。
ちなみに、顔は鼻の上から、Oライン・Iラインの脱毛もできません。

トリアのデメリット

トリアのメリットは脱毛力が高い事ですが、
逆にデメリットもたくさんあります。

具体的にはまず照射範囲が狭いので全身脱毛できない事です。
脱毛する方の多くは全身脱毛したいと思っている方が多いので、
そうした意味では不便だと感じます。
特にVラインや顔等と言った繊細な部位の脱毛は、脱毛力が強すぎてあまりオススメできません。 また、痛みも強いと思います。アイスノンなどを使って脱毛しても人によっては、
激痛を感じて、その痛みに耐えられない方もいるようです。

最後に繊細な部位を脱毛できないということに関連しますが、
照射口が大きくVラインや顔の脱毛は難しく、 他の脱毛器より重いので若干使いにくい事があると思います。 但し、何度も言うように脱毛力はかなり高く、
30日間の返金保証もあるので、試してみる価値は十分にあると思います。

こんな方におすすめ

■脇・脚など部分脱毛したい方
■剛毛な方
■脱毛費用を抑えたい方

こんな方にはおすすめしない

■全身脱毛したい方
■痛みに敏感な方
■クリニックで脱毛したい方

おすすめの脱毛器

関連ページ一覧

ケノン
最も人気の家庭用脱毛器
第2位 トリア
一番おすすめのレーザー脱毛器

第3位 センスエピ
軽くて使いやすい