家庭用脱毛器のサイトTOP脱毛器のお悩み関係>家庭用脱毛器のトラブルって?

家庭用脱毛器の肌トラブルについて

自宅にいながらひとりで脱毛ができるという、とても便利な家庭用の脱毛器。

しかし、正しい使用方法で扱わなければ、お肌のトラブルを起こすこともあります。

家庭用脱毛器で1番多いトラブルが、火傷です。

レーザー方式でもフラッシュ方式でも、黒い色素に反応する光をお肌に照射して毛根にダメージ を与えることで、ムダ毛をだんだんと生えにくくしていきます。

なので、黒くて太さもあるしっかりとしたムダ毛には早く脱毛の効果が出やすいのですが、
その分感じる痛みも強くなりがちです。

とくに、ワキやVライン(ビキニライン)のムダ毛に使うときには、
施術前の剃毛と冷却を念入りにしておく、
低めの出力レベルから開始してみる、といった点に気を付けましょう。

同じ理由から、日焼けしたお肌に使うときにも注意が必要です。

お肌が日焼けしていると、そのメラニン色素にも光が反応し、
高温になって火傷してしまうことがあります。

エステサロンの脱毛でも、
日焼けの度合いによっては施術を断られるケースもあります。

脱毛している期間中は日焼け対策に気を配り、
もしも日焼けしてしまったときには施術を見送った方がいいでしょう。

もちろん、ほくろやタトゥー(刺青)の部分に家庭用脱毛器を照射しても火傷になります。

テレビなどを見ながら片手間に脱毛器を使っていて、ついうっかり照射し、
火傷してしまったというのがよくあるケースです。

脱毛に集中してその部分を避けるか、あらかじめバンドエイドなどで覆ってから施術
開始するようにしましょう。

家庭用の脱毛器で火傷に次いで多いトラブルは、乾燥からくる肌荒れでしょう。

エステサロンで行う脱毛の場合、施術後の保湿までが
コースに入っていることもあります。

そのくらい、脱毛後の保湿はとても重要になります。

家庭用脱毛器を使ったあとはクリームや乳液などでしっかりと保湿を行い、
それでも乾燥を感じるようなら、次からは照射の出力を下げて使用してみてください。

次のページ埋没毛はできるの?

関連ページ一覧

ケノン
最も人気の家庭用脱毛器
第2位 トリア
一番おすすめのレーザー脱毛器

第3位 センスエピ
軽くて使いやすい